天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

期待されるアイソン彗星

アイソン彗星は、今年の11月から12月にかけて大彗星になるだろうと予想されています。

今の時期は、木星付近を太陽目指して接近中。
ふたご座の中を移動中で、夕方から夜中にかけて観測の好機となっています。
予報光度は15等弱、ひとみ望遠鏡で見ることは難しいでしょう。

アイソン彗星発見後、追跡撮像を行ってきました。
最近になって短い尾も出始めてきましたので、最新の画像をお見せいたしましょう。

 


CK12S010_20130208.jpg上の写真は、空の条件もよかったものですから三色合成を行ってみました。
小さいながらも少し赤っぽいようですからチリの尾でしょうか。
そして、下の段の画像は、約30分ほど時間を空けて撮像したものを重ねてみました。
アイソン彗星は止まっているようにしましたから、
背後の恒星が二つずつ写っていますね。
その間隔がアイソン彗星の移動量となるのです。

6億キロメートル彼方のアイソン彗星。
尾が出始めてので大いに期待することにしましょう。

小石川正弘