天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

気流が悪い!

夕方、木星観測の良い時期です。
しかし、強い冬型のせいでしょうか、なかなか良い気流にめぐり合えません。
変化の激しい木星面のことですから監視は重要!
と、言うわけで28日夕方、雪雲を通し粉雪舞い散る中観測を強行しました。

出来た画像は、ボケボケもよいところなのですが、優れた画像処理ソフトのお陰です。
今の時期としてはそこそこの画像となりました。
それでは画像を見ていただきましょう。

Ju_20130128.jpg左端には、西縁に没しようとしている大赤斑が見えています。
そして相変わらず上から南赤道縞、北赤道縞、北温帯縞が目立っています。
北赤道縞は赤みがあるのが特徴でしょう。
その中には小さな赤い斑点が目立っていますし、
青っぽく見えているフェストーンも良くわかります。
さらに南赤道縞も複雑なようですが、気流状態がよいときに精査したい所です。

いつになったら詳細な木星面を紹介できるのでしょうか。
そのためには絶えず木星面を監視していくことが大事です。

 

小石川正弘