天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観察ガイド「2013/11/29 アイソン彗星(C/2012 S1)が近日点通過」

【11/30追記】

近日点通過時に消滅した可能性があるとされたアイソン彗星は、その後、太陽観測衛星画像にも写し出され、彗星としての活動が見られます。

「近日点通過後にアイソン彗星が現れ、尾が伸びていることもわかる。それが彗星の残骸によるものなのか、生き残った核の一部によるものなのかはわかっていない。」また、NASAの科学者によると「少なくとも、小さな核の一部が残っていることを示唆している。」と発表されています。(下記リンク参照)

Comet ISON May Have Survived

 

【11/29追記】

肉眼でも見えるほどの大彗星になると期待されていたアイソン彗星ですが、「近日点通過時にアイソン彗星が蒸発し消滅したとみられる」とNASAの見解が示されています。(下記リンク参照)

Comet ISON Fizzles as it Rounds the Sun

 


  

彗星イヤーの今年、トリを飾るのはアイソン彗星です。
11月29日に太陽にもっとも近づき、過去の大彗星と並ぶ彗星になるのではないかと期待されています。

順調に明るくなれば、太陽にもっとも近づく近日点通過前後、11月下旬や12月初旬の空で、肉眼でも観察できるほどの明るさになるでしょう。
図のように、明け方の空で観察しやすい位置にあります。
しかし、彗星は近づいてこないことには明るさや形がどうなるのか、予測することがとても難しい天体です。
ぜひ立派な尾をひく明るい彗星になることを期待しましょう。

131129aison.jpg