天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観察ガイド 「2013/12/14 ふたご座流星群が極大」

ふたご座流星群は、しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並ぶ三大流星群のひとつで、毎年活発な活動が見られます。
12月5日~1月20日頃が活動期間と予想されていますが、この期間中で最も多く流れると予想されている極大を迎えるのが、今年は12月14日の14時頃です。

この時刻は残念ながら日本では昼間になりますので、13日と14日の夜が見頃となりそうです。

流星は、夜空の1点を中心に放射状に流れますが、その中心点のことを放射点とよびます。 ふたご座流星群の放射点は、今年は明るい木星が目印となり、20時頃には東の空に昇っています。 しかしこの日、空には流星観察の大敵となる月が出ています。 月明かりを建物や木などで隠して目に入れないようにしながら、放射点を中心に空全体を眺めるようにして見ることが観察のポイントです。 夜が更けるにつれ放射点は高く昇り観察もしやすくなります。 街明かりの影響が少なく、空の開けた場所を事前に見つけておきましょう。

月は、13日では朝3時半頃、14日では朝4時半頃には沈みますので、薄明を迎えるまでは月明かりに邪魔されることなく観察できそうです。 条件が良ければ、町明かりの影響のない晴れ渡った空で、極大前後で1時間あたりに50個ほどの流星を見られると予想されています。

参考:天文Q&A.010 流星群ってなに?

hutago2013.jpg