天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

ふたご座流星群を2つの場所から捉えました

 まずは、宮城県南部の山元町で撮影した画像です。
この2枚は昨年と同じ場所で撮影しました。昨年は、月明かりの影響を受けて「青空の中を飛ぶ流れ星」の様な画像になりましたが、今年は、本来の美しい画像で捉えるができました。
 
  【共通データ】
  カメラ:フジフィルムFinePixS2Pro (感度1600)
  レンズ:Nikon 20mmレンズ F3.3(開放2.8)
  場 所:宮城県山元町
  撮影者:佐藤敏秀
  *恒星時追尾で撮影
    
  1.jpg        撮影日時 2012/12/14 0:34  露出時間80秒 トリミング無し
 
2.jpg       撮影日時 2012/12/14 2:35  露出時間90秒 トリミング無し

 【昨年の画像】 http://www.sendai-astro.jp/observation/blog/2011/12/post-163.html#more
 
 次は、天文台の雲監視カメラの画像です。
ひとみ望遠鏡で彗星の観測していた小石川が気付き、自動記録されている雲監視カメラのデータから取り出した画像です。カラーではありませんが、夜空のほぼ全域が写っていますので、流れ星が現れた経路や明るさなどがよくわかりますね。
*画像の上が北になります。中央下部には「ひとみ望遠鏡」のドームが写っています。 
 
3.jpg                     ドームの右わき(南の低空)に、「大流星」が写っています。
                                     撮影日時 2012/12/14 2:33                     
 
4.jpg                       画像の中央(天頂)から左(東)に流れました。
                                 撮影日時 2012/12/14 5:11
 
                                                                                                          文:佐藤 敏秀