天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観測ガイド「ふたご座流星群2012」

12月13日から14日にかけて、ふたご座流星群を最良の条件で観測できます。

今年のふたご座流星群の極大は12月14日(金)の朝と予想されていますので13日(木)の夜から14日(金)の明け方にかけてが見頃となりそうです。しかも、13日は新月のため月明かりのない好条件で観測できるでしょう。

放射点は13日の20時には東の空に現れ、真夜中には天頂付近にあるので、一晩中観測することができます。ピーク時には1時間に70個ほど流れる予想となっています。空の条件で見える個数は変わってきますので、街明かりが少なく空がひらけているところを探しましょう。

長時間の観測が可能ですので、防寒対策をしっかりして観測しましょう。

ふたご座流星群の母天体は長い間謎とされていましたが、現在では小惑星・ファエトンが母天体とされています。ファエトンはかつては彗星でしたが、ガスやチリなどを放出しつくしてしまった天体で、過去に放出したチリが地球の軌道と交差することでふたご座流星群となっています。

futago2012.jpg

関連記事:「天文Q&A010.流星群ってなに?