天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

明け方の星空

観測がなかった朝は05時頃起床し
日課にしている早朝散歩を駄犬と共に楽しんでいます。
とくに、今の時期は日の出も遅くなっていますから、
天気がよければきれいな星空が見られます。
北東の地平線近くに眼をやれば、なんと夏の星座・こと座のベガまで昇っています。

今度は南東の空です。
ひときわ明るく輝く金星、その右上にはちょっと暗めな土星。
そして、左下には、5日に西方最大離角となった水星を見つけることも出来ます。

 

5日、出勤して行ってみたいことがありました。
前記の三つの惑星を撮像してみたいというものでした。
太陽の近くなので普通に撮ったのでは見栄えがしませんので、
ひとみ望遠鏡にメタンバンド(CH4)のフィルターを取り付けての撮像となりました。
撮像時は、雲の往来が激しく気流も悪く、1分間の撮像時間の中からよいものを選んで
レジスタックスやステライメージ、フォトショップを使い画像処理を行いました。
それでは、仕上げた画像を見ていただきましょう。

121205MeVeSaCH4_2.jpgのサムネール画像

メタンバンドフィルターの特徴で、コントラストの良い写真が出来上がっています。
水星と金星は欠けた状態が良くわかります。
土星になると、眼で覗いてほとんど見えません。
しかし、フィルターの効果で環の部分だけは明るく写るというような
興味深い様子を捉えることが出来ました。

気流状態の良いときに再チャレンジしてみたいと考えています。

小石川正弘