天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観測ガイド「オリオン座流星群2012」

10月21日、オリオン座流星群が極大を迎えます。

オリオン座と言えば冬の星座ですが、10月下旬には午後10時ごろになると東の空に昇ってきます。

極大は21日との予想ですが、10月20日の深夜から21日の夜明け前、10月21日の深夜から22日の夜明け前の観測がおすすめです。
どちらの日も、月は午後10時には沈み、放射点も東の空から昇っていますので、観測の条件は良さそうです。

空が暗い場所では、1時間に25個程度流れると予想されています。
観測する時はオリオン座だけではなく空全体を眺めてみましょう。

 

夜は冷え込む季節になってきました。
防寒対策や周囲の安全対策をしっかりとし、流星観測の土日を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

1210210300orion.jpg