天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観測ガイド「10/27 十三夜」

10月27日は「十三夜」です。

旧暦八月十五日の中秋の名月は里芋などをお供えしてお月見をする習わしがあるため「芋名月」の呼び名があります。これはもともと中国から伝わったお月見ですが、中秋の名月を見ことができる9月ごろは、日本では台風の季節とも重なり名月を見られないこともあります。

 

そこで考え出されたのが、旧暦九月十三日の月、つまり十三夜の月を愛でる風習です。この時期に栗や豆が収穫されることから「栗名月」や「豆名月」と呼ぶこともあります。

十三夜は現在の暦ではたいてい10月となり秋晴れとなることが多く、月の輝きが最も美しい頃でもあります。中秋の名月とは違い、少し欠けている姿が風流な日本人の心をくすぐるのかもしれません。

 

ちなみに、中秋の名月または十三夜のどちらか一方をお月見するのは「片月見」とか「片見月」といって、地方によっては縁起が悪いとされている場合もあるようです。