天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観測ガイド「5/6 みずがめ座η(エータ)流星群が極大」

5月6日の朝4時ごろ、みずがめ座η(エータ)流星群が極大を迎えます。

みずがめ座は、夜明け前に南東の空に昇ってきます。
ピーク時には1時間に7個ほど流れる予想となっていますが、かなり低い位置ですので、それほどの数は期待できないかもしれません。
東の空を中心に、空全体を眺めるようにして観察してみましょう。
その際、西の空には満月がありますので、月を背にしたり、月の光を目に入れないようにして観察するとよいでしょう。
ただし、3時頃には東の空が明るくなり始めるので、夜中0時から3時ごろまでが観望のチャンスです。

 

朝方の早い時間となりますが、1日を流星観測からはじめてみてはいかがでしょうか。 mizugame120506_2.jpg                                                                                       関連文書

天文Q&A.010流星群ってなに?