天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観測ガイド「4/30 金星の最大光度」

現在、見ごろとなっている金星が間もなく最大光度となります。

金星は、現在夕方の空に見える「宵の明星」として輝いており、
その明るさがひときわ目立って見えています。
最大光度となる4月30日には-4.5等級となり、目の良い方なら昼間でも見ることができるでしょう。

日没後に観察する場合は、西の空を眺めていれば、早い時間から金星が明るく見え始めます。
月以外に金星より明るい星はないので、一番明るい星を探すのが良いでしょう。

 

120430venus_1930.jpg

昼間に観察する場合には、4月30日は6時半ごろに東の空に昇って来るため、それ以降の時間なら見ることができます。
ただし、夕方ほど明るくは見えないため、探すのは難しいかもしれません。
各時間に金星が見える位置の図を参考にしてみてください。
 ※太陽が割と近くにあるため、観察する時には太陽を直視しないよう注意してください。

 

120430venus_07_21.jpg

 金星は5月末頃まで「宵の明星」として楽しむことが出来ます。
最大光度となった金星を、昼も夜も観察してみてはいかがでしょう。

 

画像作成:(株)アストロアーツ ステラナビゲータVer.8

 

関連記事:天体観測ガイド「見ごろを迎えた金星」