天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観測ガイド「3/5 水星が東方最大離角」

 夕方、西の空で水星が見ごろを迎えています。

 

水星は、太陽系の惑星の中で一番内側を回っていて、地球から見ると常に太陽の近くにあるように見えます。そのため、タイミング良く観察しなければ見ることが難しい惑星です。


2012年3月5日には、地球から見て太陽と水星が一番離れて見える(東方最大離角となる)ため、水星を見るチャンスとなります。太陽が沈んでから40分ほどたったころが狙い目です。ただし、地平高度がとても低く、10°を切ってしまうので、西側が開けた場所で観察しなくてはいけません。また、この日、水星の明るさは-0.4等になっていますが、地平高度が低いためにさほど明るく見えません。双眼鏡を使うと見つけやすくなります。明るく並んで見えている金星と木星よりもずっと低いところを探しましょう。
     ※双眼鏡は絶対に太陽に向けないでください。

 

120305mer_space.jpg

120305Mercury.jpg

 

水星は、約88日で公転しているため、見ごろとなる期間は長くは続きません。3月7日ごろまでが絶好のチャンスとなります。
また、この時期は、水星、金星、木星の他にも、火星や土星も見ることが出来ます。火星は日が沈んだ頃に、土星は21時頃に東の空から昇ってきているため、夕方から土星が昇ってくるまでの間に5つの惑星を見ることが出来る、めったにないチャンスです。5つのうち最難関の水星を攻略して、肉眼で見ることが出来る5惑星を眺めてみてはいかがでしょう。
     ※次回、水星を見るチャンスは4月19日前後の明け方となります。

 

画像作成:(株)アストロアーツ ステラナビゲータVer.8