天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

ふたご座流星群を捉えました

12月14日にピークを迎えるふたご座流星群を撮影しようと、宮城県南部の山元町に遠征しました。

 最初は天文台で撮影することを考えたのですが、気象情報を確認すると、天気に良い期待が持てなかったからです。遠征した結果は大成功で、観測地では15日の午前2時ころまで快晴が続き、多くの流星を楽しめました。月齢19の月がある中での撮影のため、画像は全体的に明るくなっていますが、何とか流星が記録できました。また、撮影の他にも、目で見えた流星の数もカウントいたしました。カメラ操作の合間に行いましたので精度はあまり高くありませんが、参考までに掲載いたします。             

佐藤 敏秀

■共通データ
 カメラ:フジフィルムFinePixS2Pro (感度1600)
 レンズ:Nikon 20mmレンズ F3.3(開放2.8)
 場 所:宮城県山元町
 *恒星時追尾で撮影

 

gemi1.jpg撮影日時 2011/12/15 0:41  露出時間60秒 トリミング無し

 

gemi2.jpg撮影日時 2011/12/15 2:54  露出時間70秒  トリミング無し

 

■流星の数(30分毎)
 14日 22:30-23:00 4個
     23:00-23:30 8個
     23:30-24:00 9個
 15日  0:00-0:30 21個
         0:30-1:00 17個
       1:00-1:30  7個
       1:30-2:00 10個
       2:00-2:30  6個
          2:30-3:00  9個