天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観測ガイド「12/10 皆既月食」

2011年12月10日(土)、日本全国で皆既月食が見られます。全国的に月食中の地平高度が高いため、最高の条件で皆既月食を楽しむことができます。

皆既月食とは、太陽・地球・月の順に一直線に並び、地球の影に月が完全に入り込む現象です。

eclipseMoon1.jpg


今回の皆既月食は21:45に欠け始め、23:05から皆既食となり23:31に皆既食の最大、23:58まで皆既食が続きます。翌日01:18に食の終わりを迎え、2時間半におよぶ天体ショーが幕を閉じます。

111210ecl2.jpg111210ecl.jpg


lunar_eclipse.jpg皆既月食中の月は、真っ暗で何も見えないわけではなく、暗いながらも赤っぽく見えます。

これは、夕焼けの時に太陽が赤くなるのと同じ原理で、太陽の光が地球の大気を通過するときに青い方の光が散乱され、通過した赤い方の光だけが回りこんで月を照らすためです。皆既月食中の月の明るさや赤さの度合いは、その時の地球大気の状態で変化するため皆既月食ごとに異なります。


今回の皆既月食ではどのような姿になるでしょうか。


※次回の皆既月食は2014年10月8日(水)で約3年後となります。