天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

最近の太陽面

太陽面活動は極大時期に向かっていますが、
思うように大きな黒点群の出現が見られません。
肉眼でも見られる黒点が出てほしいと願っているこのごろです。

さて、14日午前に空を覆っていた雲が急速に切れ始めました。
急いで太陽観測用の望遠鏡がある市民観察室に。
スライディングルーフを開放し15cm屈折望遠鏡を向けて撮影開始。
展示室用に作成したプリントで太陽面を見ていただきましょう。

 

15cmSu_20110914.jpg一つ目玉のように黒々とした黒点が印象的です。
その他は、小さな黒点群ばかり。
でも、小さいながらも沢山の黒点群が出てきたことは、
活動が活発になってきたと言うことでしょう。
太陽の活動、観測してその様子がわかります。
仙台市天文台では、その様子を観測し記録していきます。

 

小石川正弘