天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観測ガイド「ペルセウス座流星群2011」

8月13日ごろ、ペルセウス座流星群が極大を迎えます。

ペルセウス座流星群は三大流星群の一つで、毎年活発な活動が見られます。
今年の極大は8月13日の15時と予想されているため、12日の夜から13日の明け方、
13日の夜から14日の明け方にかけてがお勧めの観測期間です。
ペルセウス座が北東より昇ってくる22時ごろから空が明るくなり始める3時ごろまでの時間帯が

狙い目となります。

 

条件が良ければ、極大時には一時間に30個ほどの流星を見られると予想されていますが、
13日は月齢13の満月に近い月が輝いていて、残念ながら好条件とは言えません。
空全体が見える場所で観察するのがいいですが、月が建物や木などに隠されるような場所を

探してみるのもお勧めです。
ペルセウス座流星群は明るい流星が多く、流星痕が見られる確率も高いので、
明るい月にも負けない流星を期待しましょう。

 

110813Per.jpg

関連記事
天文Q&A010.流星群ってなに?