天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

梅雨の晴れ間

仙台も入梅しました。
曇っているとわかっていても
午前2時頃になると決まって目が覚めます。

窓越しに外を見るのですが、やっぱり快曇状態が続きました。
でも、28日夕方からちょっと違っていたのです。
空のあちこちに雲の切れ間が見えるのです。
案の定、29日午前2時頃に外を見ると
頭上から西空にかけて雄大な夏の大三角が見えていました。
ただし、濃い霧が立ち込めているところもあります。
早速、望遠鏡の防水カバーを外して観測開始。
ところが霧が立ち込めてきました。
霧の切れ間を期待しながら待っていましたが
なかなか良い観測条件とはなりません。
結局04時頃まで粘って3カット撮影することが出来ました。
その中で良いものを見ていただきましょう。

  

3ALPO20110629.jpg

左端に見えている赤っぽい模様が大赤斑です。
そして、その右側には太くなった南赤道縞が見えており
その内部には白斑状の模様などが見えています。
一番濃く見えている縞模様は北赤道縞です。
その他の模様は観測条件が悪かったので
大変写りが悪くなってしまいました。
詳細は、梅雨明け後の好条件での観測に期待することにしましょう。

 

小石川正弘

 

※観測データは写真の中に入れてあります。
※観測日時は世界時で示してありますので

 日本時では 6月29日03時34分40秒 となります。