天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

2011年6月アーカイブ

梅雨の晴れ間

仙台も入梅しました。
曇っているとわかっていても
午前2時頃になると決まって目が覚めます。

カラーによるM51超新星 

最近、入梅前の良い天気が続きました。
夕方からの土星観測、明け方の木星観測・・・
その間は休みとはなりません。

M51超新星 その後

16日が満月。
観測お休みできるかなと思っていたのですが
14日夜は素晴らしい透明度に恵まれてしまいました。

天体観測ガイド「6/16 月食」

2011年6月16日、西日本で皆既月食が見られます。
東日本では、皆既食になる前に月が沈んでしまいますが、部分食を眺めることができます。

M51超新星 その後

6日夕方の空は、スッキリとは晴れていませんでしたが
なんとなく気流はよさそう。
日没を待てなくて西天に見えている月を31cmに導入。

りょうけん座の銀河M51に超新星出現!

3日夜、気流もちょっと安定していたので土星観測を行っていましたら
観測仲間の大崎パレット職員・遊佐徹さんより電話がありました。

梅雨?の晴れ間

仙台地方の天気、梅雨空が続いているような感じですが入梅はしていません。
これから長い梅雨空が続いてしまいますが、ひとつ楽しみなことがあります。
それは、梅雨の中休みと言うのでしょうか。晴れ間が出ることです。
晴れ間が出る・・・そんなときに限って気流が安定します。
6月3日もそうでした。08時頃まで曇天、その後は急速に晴れてきて
ギラギラと太陽が照りつけ始めました。
晴れれば太陽面の撮影となり、市民観察室15cm屈折望遠鏡を太陽に向けてみると・・
案の定、気流は安定しています。露出4段階変えて撮影終了。
気流も安定していましたからスッキリした太陽像が得られました。

 

小石川正弘

 

15cmSu_20110603.jpg