天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

木星大異変!!

木星の合は4月7日。
それから17日後に朝方での観測が再開されました。

新しい観測シーズンに入り、どのような面白い現象が見られるのだろう
との期待感もあります。
5月20日、国内の観測者により大赤斑より前の南熱帯付近に
異常な模様が観測されたのです。
22日にはフィリピンにいる観測仲間によって
その模様の明瞭な姿が捉えられました。
どのような変化を見せるのだろう。
追跡観測は大事です。

 

26日02時40分過ぎ、窓から見た空は晴れています。
星の瞬きも少ないことを確認して早速観測開始。
04時頃での木星高度は16度しかありません。
空はどんどん白んできます。
時間との勝負、12カットの木星像を撮影することが出来ました。
その中でよく写ったものをご紹介しましょう。

 


J20110526_Ju08c.jpg

 

中央上にうす赤く黒い模様で囲まれているところが大赤斑です。
その左側の模様が上の方に盛り上がっています。
そこが数日前に発生した異常な模様になります。
まだ、発生したばかりで詳しいことはわかりません。
継続観測を行いその様子をご紹介していきたいと思います。

(画像は、月惑星研究会に報告したものです)

 

小石川正弘