天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

天体観測ガイド 「12/21 皆既月食」

2010年12月21日、日本全国で皆既月食が見られます。

皆既月食とは、太陽・地球・月の順に一直線に並び、地球の影に月が入り込む現象です。

 

仙台では、月の出の時刻が16:11です。
月が昇ってきたときにはすでに月食が始まっていて、約6割ほどかけた状態で昇ってきます。
ただし、東の方角に山や建物があると月の出の時刻になっても月が見えないこともありますので、
観察する時には、出来るだけ東側が開けた場所を選ぶと良いでしょう。
より詳しく様子を観察したいときには、双眼鏡や望遠鏡を使って見てみるのがお勧めです。
 ※双眼鏡や望遠鏡で太陽を直接見ないでください。

 

20101221gessyoku.jpg

 

 

lunar_eclipse.jpg皆既月食中の月は、真っ暗で何も見えないわけではなく、赤っぽく見えます。

これは、夕焼けの時に太陽が赤くなるのと同じ原理で、太陽の光が地球の大気を通過するときに青い方の光が散乱され、通過した赤い方の光だけが回りこんで月を照らすためです。

皆既食は、16:40から17:53までの約1時間見ることが出来ます。

 

 

 

 

日本で皆既月食が見られるのは、2007年8月28日から約3年4ヶ月ぶりです。
2010年6月26日には部分月食が起きましたが、残念ながら天文台では天候が悪 く、その姿を見ることができませんでした。

今回の皆既月食に期待しましょう。


■月食時刻詳細情報

今回の月食では、地球が宇宙空間に作り出す影の中を月が図のように通っていくことになります。
地球が作りだす影には本影と半影があり、今回はその影の中心に近いところを月が通過するため、
皆既食、部分食、半影食のすべての食を観察することが出来ます。
半影食は確認しづらいですが、普段の満月の明るさとの違いを確かめてみてください。

 

20101221gessyoku_kage.jpg

 

 


関連記事: 天体観測ガイド >> 6月26日 月食を見よう!!(月食のしくみについての詳細あり)