天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

2010年 おうし座&しし座流星群をみよう!

11月におうし座流星群としし座流星群が見ごろを迎えます。


流星群の仕組みについては下記参照。
(天文Q&A.010流星群ってなに?)

http://www.sendai-astro.jp/observation/blog/2009/10/qa010.html#more

おうし座流星群はあまり注目されない流星群ですが、火球(特に明るい流星)が多いことで知られています。
2種類の放射点があり、南群≪11月6日≫と北群≪11月13日≫にそれぞれ極大を迎えます。
冬の星座ですが、放射点は午前1時ごろには天頂付近にあり、今年は月にそれほど邪魔されないで観望することができます。多いときには1時間に10個ほどの流星が観測できるかもしれません。

 

ousiS.jpg ousiN.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   しし座流星群は昨年も話題となりました。11月18日の朝に極大を迎えます。
この日は月齢12の月が夜空を照らし、月明かりに邪魔されながらの観望になります。月が沈むのは午前3時ごろですので、明け方までの2時間が観望のチャンスになりそうです。
今年はあまり期待できないようですが、しし座流星群も火球クラスの明るい流星が多いので、明るい流星に注目してみましょう。

 

sisi.jpg

2つの流星群をほぼ同時期に眺めることのできるので、どちらの流星かを考えながら観察してみては

いかがでしょうか。