天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

地球に接近中 103P/ハートレイ彗星

103P/ハートレイ彗星が10月20日頃にかけて地球に接近し、

肉眼でも見えるようになると予想されています。

ハートレイ彗星は1985年に発見された彗星で、6.47年の周期で太陽の周りを公転しています。

発見されてから5回太陽の周りを周回しており、これまでは話題に上ることはありませんでしたが、今回は10月20日頃に地球に約1,800万kmまで接近し、明るさは4等級になるのではないかと予想されています。

空が暗い所であれば肉眼でも4等級の星を見つけられますが、彗星の見え方はぼんやりとした光芒なので双眼鏡を使うと見つけやすいでしょう。 

 

101020_103P_Hartley.jpg

午前0時のハートレイ彗星の位置。数字は日付で2日置きに記しています。

画像は株式会社アストロアーツ「ステラナビゲータVer.8」で作成

 

関連記事:1.3m大型望遠鏡画像>>彗星の動きに合わせて