天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

2010ペルセウス座流星群をみよう!

8月12日夜から13日朝にかけて、ペルセウス座流星群が見ごろを迎えます。

流星群の仕組みについては下記参照。
(天文Q&A.010流星群ってなに?)

http://www.sendai-astro.jp/observation/blog/2009/10/qa010.html

 

極大予想は8月13日午前9時と日中ですが、12日22時以降から13日薄明開始3時くらいまで多くの流れ星を観察することができるでしょう。

 

放射点は宵に北東の空に現れ、夜明け前には北の空にあります。今年はピーク時には1時間に60個ほど流れる予想となっています。放射点を中心として空全体に流れるので、空の開けた街明かりの少ないところを探しましょう。

 

昨年は月明かりに邪魔をされてしまったペルセウス座流星群ですが、今年は月明かりの無い好条件で見ることができそうです。暑い夏の熱い天体ショーを楽しんではいかがでしょうか?


 

perise.jpg