天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

観測疲れ

16日から17日にかけて仙台地方はまあまあの天候に恵まれました。

夕食もそこそこに自宅で火星観測。
透明度も良くなってきたので大急ぎで天文台へ。
月明かりの影響も無いので彗星観測に重点を置きました。
夜空にはたくさんの彗星が見えていますが、小さな望遠鏡で見られるのは数個程度です。


全ての準備を整えて彗星観測を開始。
時間的に早く沈んでいく西側から撮影を開始します。
暗い彗星が多いものですから露出時間は60秒から120秒かけています。
暗い彗星といいましても16等とか17等、20等近い彗星もあります。
また焦点距離も長いものですからその形状も良くわかります。
中には、17等くらいの彗星でも立派な尾を引いているものもあります。
そんな姿を見ながら一つ一つ撮影し、その位置も測定しておきます。


 

そんな作業が17日の明け方まで続きました。
途中雲の通過などもあり、何度となく観測中断はありました。
でも、その間に画像処理などやることはいっぱいあります。
一通り終わったところでどっと疲れが出てしまいました。
でも、もったいないほどの素晴らしい透明度です!
「そうだ、惑星観測用のナスミス分光焦点で天体を撮影してみよう」となりました。
惑星観測で使い慣れていますから、ピントあわせをきちんとしてから目的天体を導入。
望遠鏡を微調整し、目的天体を視野中心に入れて準備完了。

 

それで撮影した天体は、
こと座のM57、ヘルクレス座のM13、りゅう座のキャッツアイ星雲です。
さあ見ていただきましょう。

 

 

M57a_20100216-.jpg

 

 

M13a_20100216JPG.jpg

 

 

20100216acatseye.jpg 

実は、撮影の前に必ず眼視で確かめることにしています。
M57はきれいなドーナッツ状に、そして、少し緑っぽく見えましたし、
M13は圧巻で、視野の中全部星だらけ!
キャッツアイ星雲は青っぽく、そしてかわいらしく見えました。

 

その天体のきれいさに見とれてしまい、観測疲れは宇宙に吹っ飛んでいってしまいました。

 

小石川正弘

 

撮影データ

 

使用機材:1,3m反射望遠鏡 ナスミス分光焦点(F10)
     キヤノンイオス5D ISO1250 露出120秒(キャッツアイだけ60秒)
     ステライメージとフォトショップにて画像処理