天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

黒点群続報

9日、仙台は暖かい朝を迎えました。

定刻どおりに出勤しましたが、気になったのは太陽面の黒点群でした。
そんな矢先、いろいろな情報をお持ちのS先生が出勤してきましたので

 

「先生、黒点群はどうなりましたか」
と尋ねますと
「東西方向に伸びています、昨日、双眼鏡でも良く見えました!」
とのことでした。


 

朝のミーティング終了と同時に観察室へ。
空にはうすい雲が広がってはいますが、まあまあの撮影条件です。
15cm望遠鏡にカメラを取り付け、焦点合わせ。
その後、太陽面の東西方向を黒点を頼りに合わせて準備完了。
後は、露出を変えて撮影すれば終了となります。

 

 

20100209_Su_15cm2.jpg画像を見ていただきましょう。
今回は、黒点群付近を拡大した画像も添付いたしましょう。
細かな黒点が連なっている様子が良くわかると思います。
そして、東側よりまた黒点が見えてきましたから
これからの太陽面活動が楽しみとなってきました。

 

望遠鏡を片付けながら、ふっと市民の憩いの山・泉ケ岳(北の方角)に目をやると
きれいな虹がかかっていました。

 

小石川正弘

撮影データ

 

撮影時間:2月9日09時24分頃
撮影機材:観察室15cm屈折望遠鏡直焦点
     ハーシェルプリズム+NDフィルターで減光
     キヤノンイオス5D ISO200 露出1/1250秒
     フォトショップにて画像処理