天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

しし座流星群をみよう!

11月18日(水)の明け方、しし座流星群が活動のピークを迎えます。

 ※流星群については『天文Q&A.010 流星群ってなに?』をご参照ください。

しし座流星群の母天体は、太陽の周りを約33年の周期で公転するテンペル・タットル彗星(55P/Tempel-Tuttle)です。これまでも、約33年ごとに流星雨や流星嵐といった活発な活動を見せてくれました。日本では2001年に1時間あたり1000個以上を数える流星嵐が観測されたことは記憶に新しいのではないでしょうか。

 

今年は月明かりの影響もないため、放射点が昇ってくる17日の23時ごろから18日の明け方まで最高の条件で観測できるでしょう。他の流星群に比べて、しし座流星群は流星のスピードが速いため、ときおり火球や流星痕といった現象を見せてくれます。

ピークは日本時間の午前7時前と予想されていますが、すでに日の出を迎えていますので、空が明るくなり始めるまでが観測のチャンスとなりそうです。

 

091118leonids3.jpg

株式会社アストロアーツ ステラナビゲータVer.8で作成