天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

きれいな月でした

9月26日、蔵王方面に遠出する機会がありました。
もちろん手ブラではありません。
18時30分頃には、その場所の頭上を国際宇宙ステーションが通ります。
そんなことで、作りたての新兵器「国際宇宙ステーション追跡用架台」を積み込み
観望用の機材も積み込みましたので、かなりの積載量となってしまいました。

17時頃に現地に到着し、早速重い機材を降ろしながら一つ一つ組み立てていきます。
南天には、きれいな上限の月が見えていましたので、望遠鏡を向けて機材のチェック。
すべて大丈夫です。
ただし、心配なことがありました。
それは、追跡観測用の機材は初めて使うものだったのです。

口径28cm、焦点距離2800mmもあります。
南天に見えている上限の月が、カメラ写野内で弦方向がほぼ28mmの大きさとなって写ります。
使用したデジタルカメラはフルサイズを使用しましたので、
長辺方向を弦に合わせれば、写野内にスッキリと収まります。
さあ、きれいな上限の月を見てください。

090926moon.jpg

写真を撮り終え、近くにいました人に月を見せましたら
「あれ、どんどん動いていく」と感想を漏らしました。
そうです、日周運動を体験していただきました。
そして、最初にセットした機材は、国際宇宙ステーション追跡用でしたから
自動追尾装置はついていませんでした。

えっ、国際宇宙ステーションの写真ですか。
ちょっと使い方が悪く若干のピンボケだったのです。
初めて使った新兵器が即本番の撮影だったものですから。
いろいろと勉強させられた夕方の国際宇宙ステーション追跡でした。

小石川正弘


撮影データ:9月26日17時49分頃 露出1/400秒
      キヤノンイオス5D ISO1250