天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

続報 木星と海王星の接近

26日から27日にかけても晴天に恵まれましたが、透明度が悪い状態は続いていました。

27日18時31分頃に両惑星の最接近となり、そのときの見かけの距離は23.4′ほどです。
月の視直径は30′程度ですから、ちょっとした接近となりますね。
また、双眼鏡などで木星をみれば、その視野の中に海王星も入っていますので探すのも簡単!
初めて海王星を見る方はチャンスです。
また望遠鏡で見る機会がありましたら、海王星と木星の色の違いを観察してみてください。
1,3m大型望遠鏡で見る海王星の色は大変きれいですよ!

写真を見てください。


090527JuandUra15cm.jpgただし、再接近は見ることができませんので、16時間前の様子を記録しました。
何度も紹介しているやぎ座の恒星も入っていますから前日の様子と見比べてみましょう。
画像を拡大してみますと天体像が流れていますが、経緯台で追尾しているためです。
また、右側の衛星イオとガニメデはほとんど重なり合っています。

 

このときの木星表面の模様を見ていただきましょう。


IMG_0097.090526Ju.jpg残念ながら良い気流には恵まれませんでした。

小石川正弘

 

撮影データ

木星と海王星の接近

撮影日時:5月27日02時30分頃
撮影機材:1.3m大型望遠鏡同架 15cm屈折望遠鏡直焦点
     キヤノンイオス5D ISO1250 15秒露出

 

木星

撮影日時:5月27日02時21分頃
撮影機材:1.3m大型望遠鏡ナスミス眼視焦点 XP24mm拡大撮影
     キヤノンイオス5D ISO1250  1/25秒露出

共通データ:ステライメージ及びフォトショップにて画像処理
撮 影 者:小石川正弘