国際宇宙ステーション(ISS)はいつどこに見える?

A.

国際宇宙ステーション(ISS)は、上空400kmを飛んでいます。
約90分で地球のまわりを一周しています。
地球から見ていると、明るい点が空の中をすーっと横切っていくように見えます。

2010年の完成を目指しているISSには、日本人の宇宙飛行士も長期滞在を行って、担当する日本の実験棟「きぼう」を建設しています。

このISSの予報については「宇宙航空研究開発機構―JAXA」のホームページより知ることができます。
ホームページの中に、"国際宇宙ステーションを見よう"というページがあります。
そこでは観察する地域ごとに、見やすい日や出現する時刻、方角などが詳しく載っています。


ぜひ、ISSを眺めて滞在する宇宙飛行士に手をふってみてはいかがでしょうか?


JAXAのページはここをクリック!!