天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

最近の土星の姿

最近の観測は、天文台の1.3m反射望遠鏡ばかり使用していました。
朝方、観測を終えて帰宅すると愛用の31cm反射望遠鏡の姿がなんとなく寂しげでした。
「気流が良くなれば惑星観測に使ってあげるよ」と言い聞かせながら玄関に向かいます。

気流の良い状態が、12日日曜日の夜に訪れました。
空の状態はモヤっぽく良い透明度ではありません。
そんなときに限って気流が良いものです。
案の定、20時過ぎに愛器を土星に向けてビックリ!
気流が安定していて環の影がくっきり見えていたのです。
早速、観測機材を取り付けて撮像した12日の写真を見ていただきましょう。

透明度が悪かったせいか、カラーバランスが崩れてしまい黄色っぽくなっていますが、
本体の縞模様や環の様子が良くわかりますね。
これといった変化はありませんでした。

 

翌日13日夕方から透明度が悪いにもかかわらず、気流はよさそうでした。
18時30分頃、気流状態を確認するために31cm反射望遠鏡を土星に向けました。
えっ!北半球に小さな真っ黒の模様が見えたのです。
あたりを見ると、本体左下に土星最大の衛星・タイタンが見つかりました。
そうです。
本体の小さな黒い模様は、タイタンの影でした。
そこそこ気流状態も良かったので、久しぶりにタイタンの影を堪能しました。


下の解説写真を見てください。
タイタン・本体上のタイタンの影・環に映った本体の影と見ていくと
太陽光がどの方向から来ているのか一目瞭然ですね。

「土星面にできたホクロ」面白い現象を見ることができました。

 

090412_13-Sa640.jpg                              小石川正弘

観測機材:31cm反射望遠鏡 XP24mm拡大 ATK-2Cカメラ使用
     フォトショップにて画像処理
観 測 地:青葉区愛子東6丁目地内
観 測 者:小石川正弘