天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

2008年11月アーカイブ

夕方、南西の空で輝く2つの星

夕方、南西の空で輝く2つの星は何ですか?

15日朝も観測日より

夕方南西の空に見えているの木星観測も終わろうとしています。
しかし、明け方の空には土星が見えていますから
観測屋さんはゆっくり休んでいる暇もありません。

 

続報 串刺し土星

13日は満月。
月明かりで詳しい観測はできないので、1.3m大型望遠鏡調整でもと考えていました。
20時過ぎ外に出てみたら全天べた曇り、このようなときには、早々に寝ることにしています。
もちろん、疲れをとるためですよ。
その後、決まって2時間おきに目が覚めて天候状態の確認。

太陽面に黒点群が…

どうして太陽の活動期に入らないのだろうと思いつつ
真っ白けな太陽望遠鏡の画像を見ていました。
そして今週に入り、待望の黒点群が出現しました。

寒い朝

11月に入って、1.3m 大型望遠鏡の調整観測に明け暮れていました。
ほとんど夜間作業ですから、疲労も極限状態に達し「ゆっくり寝たいなぁー」というのが本音です。

10日夜は、天候が悪く早々に寝ることにしました。
しかし、体にどっぷりとしみ込んだ習慣は抜けません。
2時間ごとに目が覚めます。
11日03時過ぎに目が覚め、カーテン越しの南の空にはシリウスが見えています。
瞬きは? おっ、少ないぞ。
それを確認してから、土星観測モードに突入したのでした。

 

見ましたか?

最近は日没も早くなり、仕事を終えて帰宅する頃にはすっかり暗くなっています。

11月1日は、公休日でした。

天候も良かったので、明るい内に愛犬の散歩でもと思い立ち家を出たのが16時過ぎでした。

住宅街を通りぬけ、見晴らしのきく田園地帯に来たとたん目に飛び込んできたのが南西の空の

細い月でした。