天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

悪天候

いやぁー、仙台地方の天候が安定しません。
晴れたと思ったらすぐに雲の来襲、雨もパラパラ降ることもたびたび。
その度に自宅望遠鏡の防水カバーを掛けたり外したりで大変です。

1.3m大型望遠鏡を使用したいのですが、
天候が安定しないのでは十分な観測はできません。
即、観測可能状態となっている自宅の望遠鏡を多用してしまいます。

いろいろな夏の天体画像をご紹介したいのですが
やはり旬の木星を見ていただきましょう。

 

080815jupiter1.jpg

080815jupiter2.jpg

080808jupiter3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木星面の名所、大赤斑が東縁(右側)から見えてきました。(写真1)
その1時間後、自転とともに大赤斑が中央へと移動してきて(写真2)
写真3で西縁に移動していく様子を紹介しました。
写真3の写真で、大赤斑の左上のに見えている小天体は、
今まさに木星本体に隠れそうな第Ⅲ衛星ガニメデの姿です。
また、写真1で、大赤斑左上にある小さな白斑は、
永続白斑BAと呼ばれているものです。
縞模様については、大赤斑が位置している南半球側が複雑ですね。
特に一番太く見えている南赤道縞は、全経度に渡って複雑となっています。
反面、北半球に関しては平穏な様子として観測されています。

来年は「国際天文年」の年、ガリレオが望遠鏡で初観測して400年!
それを記念して、世界規模でいろいろなイベントが行われます。
ガリレオも体験した木星観測を、1.3m大型望遠鏡で行ってみませんか。

 

撮影データ

写真1: 8月15日21時12分 CMⅠ:15.1°CMⅡ: 84.6° CMⅢ: 84.8°
写真2: 8月15日22時02分 CMⅠ:45.6°CMⅡ:114.8° CMⅢ:115.0
写真3: 8月  8日22時47分 CMⅠ:47.4°CMⅡ:169.9° CMⅢ:168.2
(CMⅠ、Ⅱ、Ⅲは、木星面の中央経度をあらわしています)

 

共通データ

31cm反射望遠鏡 XP24mm拡大撮影 ATK-2Cカメラ使用 
レジスタックス及びステライメージVer-6にて画像処理

 

観測者:天文台係・小石川
撮影地:青葉区愛子東6丁目地内