天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

蔵王山麓で撮影したペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群が極大になる8月12日、天文台のある錦ケ丘は曇天でした。そこで、晴れることを期待して佐々木と佐藤は蔵王山麓へ遠征しました。

移動中も曇天が続きましたが、エコーライン沿いの賽ノ磧(さいのかわら)を過ぎてから雲が薄くなり始め、撮影場所では晴れの状態になりました。
流星の数は、例年並みの1時間当たり十数個程度。時折マイナス等級の明るさのものも見られました。この他にも、ペルセウス座流星群とは無関係な散在流星も何個か見られました。
写真は、放射点付近に現れたものを撮影したもの。月明かりの影響で、全体が少し明るくなっています。(文:佐藤)

080812perseids.jpg撮影データ
場  所:宮城県蔵王町(駒草平)
日  時:平成20年8月12日 23:25 (露出時間120秒)
使用機材:ニコンD50 28mmレンズ(f2.8)
撮 影 者 :佐々木