天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

1.3mで捉えた! 木星の大赤斑

昨夜は、1.3mとしてはまあまあの気流状態でした。
再度、木星を見たところ、中央近くに木星の名所中の名所、大赤斑がバッチリ見えていたのです。
ちょうど、自宅で愛用の惑星撮像システムを持参してましたから
早速、眼視用ナスミス焦点に取り付けて撮影を開始しました。

沢山撮影した中から1コマ選んで画像処理したものをご紹介いたしましょう。

080806jupiter.jpg

中央左上に楕円形で見えているのが大赤斑です。
その右方向ちょっと上に小さな黒い暗斑も見えています。
その付近の縞模様が南赤道縞で、内部が複雑な様子がわかります。
その下の縞模様が北赤道縞で、大変赤みが強くなっています。
さらに、その下が北温帯縞となり、北赤道縞同様赤みがあります。

今回は、ボケはあるものの、前回より良い木星画像を撮ることができました。
次回、好気流を狙ってビデオ画像を取得し、レジスタックスで画像処理してみたいと思います。
乞うご期待!
今回の撮影は、前回と同じ1枚の画像をご紹介しました。


撮影データ

日  時:8月6日20時15分
撮影機材:1.3m反射望遠鏡眼視用ナスミス焦点 XP24mm拡大撮影 大気補正プリズム使用
     キヤノンイオス40D ISO800 露出:1/10秒