天体観測

天文観測の最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

シミュレータ

天文観測内を検索

太陽の近くの金星

3日は日曜日、今日も多くの見学者が来るぞと思いながら出勤。
天文台に近くまで来てビックリ!
8時30分前というのに、玄関前には多くのお客様が並んでいるのです。
それを見て「今日もがんばるぞ!」と張り切って、1.3m大型望遠鏡を立ち上げました。

青空を眺めながら「もしや気流が安定しているのでは・・」と思い、
1.3mを太陽のそばの金星に向けてみました。
予想はバッチリ!
気流のユレも少ないようで、きれいな丸い形で見えていたのです。
同僚のHさんに「記録写真を取っておきましょう」と言い
事務室に戻り愛用のカメラを持ってきて、1.3mナスミス焦点で撮影しました。
気流が安定していたので、その姿はまん丸ないことも確認できました。
データで調べてみると、金星の視直径は約10秒角、輝面比は0.96。
まん丸が輝面比1ですから、ほんの少しだけ欠けていたのです。
これから輝面比は、どんどん小さくなります。
その姿も、どんどん公開していきますので楽しみにしててください。

080803venus.jpg

撮影データ

日  時:8月3日10時30分過ぎ
撮影機材:1.3mナスミス直焦点
     キヤノンイオス5D ISO100 露出1/2500秒
撮 影 者:天文台係 小石川