【10月】おすすめの天文現象

10月は月の観察をしてみませんか?
火星もお見逃しなく!

〇2020 火星を見よう
 2020年10月は火星観察の絶好のチャンス。
 今年最も地球と近づくのは10月6日です。
 6日以降も地球に近い状態が続くため、数週間は明るく輝く火星を見ることができます。

 ☆詳細はこちら ≫ 2020 火星を見よう

 

〇2020/10/1 中秋の名月
 旧暦の8月15日の月を「中秋の名月」と呼び、今でも月を愛でる習慣が残っています。
 2020年は10月1日の月が、中秋の名月です。

☆詳細はこちら ≫ 2020/10/1 中秋の名月

〇2020/10/29 十三夜(後(のち)の月)
 十三夜(後の月)は、旧暦9月13日の月を眺める日本独自の風習です。
 2020年は10月29日がその日にあたります。

☆詳細はこちら ≫ 2020/10/29 十三夜(後(のち)の月)

〇2020/10/31 今年最小の満月
 地球の周りを回る月の軌道は楕円形をしているため、地球に近い時と遠い時があります。
 2020年の満月のうち、地球と月とが最も離れるために、見かけ上、最小の満月は10月31日の満月です。

☆詳細はこちら ≫ 2020/10/31 今年最小の満月

 〇月と惑星が並ぶ(10月)
 月を目印に惑星を探してみましょう。

☆詳細はこちら ≫ 月と惑星が並ぶ(10月)

info_gaido10.png