4月-6月のプラネタリウム番組一覧

仙台市天文台では、満天の星をお楽しみいただける番組のほか、多彩なプラネタリウム番組を投映しています。

 

info_plane_hoshizora.pngプラネタリウム 星空の時間「今夜の星空散歩」

■日時
【平日】14:30-、16:00- ※4/18、6/20は休映
【土・日曜日・祝休日・春休み期間中の平日(4/1-5)】10:00-、13:00-、16:00- (約45分)

■料金
大人600円、高校生350円、小・中学生250円

■内容
プラネタリウムの醍醐味は満天の星。担当者によって取り上げる話題や雰囲気が違う、個性際立つ生解説の時間。星空の楽しみ方や旬の話題をたっぷりとご紹介します。

 

 

 

 

 

info_plane_poralis2.pngプラネタリウム こどもの時間「ポラリス2-ルシアと流れ星の秘密」(4/1から)

■日時
【土・日曜日・祝休日・春休み期間中の平日(4/1-5)】11:30-(約45分)

■料金
大人600円、高校生350円、小・中学生250円

■内容

あの凸凹コンビが帰ってきた!
オーロラの謎を解いたのも束の間、ポラリス号に流れ星がぶつかっていきなりピンチ!!
流れ星の謎を解くため、月に、小惑星に...え?!彗星も!
伝説の「光の石」を探すハチドリのルシアも仲間に加わり、シロクマのジェームスとペンギンのレナードが新たなミッションに挑みます!

 

 

 

info_plane_kagaya.pngプラネタリウム「星の旅 -世界編-」(4/1から)

■日時
【土曜日】14:30-、18:00-
【日曜日・祝休日・春休み期間中の平日(4/1-7)】14:30- (約45分)

■料金
大人600円、高校生350円、小・中学生250円

■内容

北半球から始まる旅。だんだん南半球に行くに従って風景とともに星空も変わっていきます。やがて日本(北半球中緯度地域)からは見えない南十字や南半球ならではの星空が見えてきます。 観察緯度によって星空が変わるのはなぜか、天の川の正体は何かなどをCGパートでわかりやすく解説。
北米、ハワイ、オーストラリア、ウユニ、ニュージーランド。KAGAYAが3年かけて世界各地で撮影してきた星空映像満載の番組です。
撮影・CG・脚本 KAGAYA

 

 

 

info_plane_hoshiyori.png震災特別番組「星よりも、遠くへ」

■日時
4月6日(土)、5月4日(土・祝)、6月1日(土) 19:40-(45分)

■料金
無料(当日9時からインフォメーションにて整理券配布)

■内容

東日本大震災の夜、大停電の被災地を満天の星が照らしていた。こんな星空を今まで見たことがない...予想だにしない苦難とともに被災者たちが見上げたのは、星空という名の「宇宙」だった―。
震災の星空と被災者たちとの繋がりを描いた「星空とともに」の第二章となる、プラネタリウム版ドキュメンタリー作品。

★番組特設サイトはこちら ≫ http://www.sendai-astro.jp/311.html

 

 

 

 

info_plane_american.pngナイトプラネタリウム「アメリカンウエスト」「DEEP SPACE(ディープスペース)」※2本立て投映

■日時
4月20日(土)、27日(土)、
5月11日(土)、18日(土)、25日(土)、
6月8日(土)、15日(土)、22日(土)、29日(土)
19:40-(2本立て計18分)

■料金
大人500円、小・中・高校生200円 ※ファンサポーター100円引き

■内容
アメリカ西部の大自然で、リアルな星空を体感する「アメリカンウエスト」と、宇宙の美しい姿を体感できる「DEEP SPACE(ディープスペース)」の2本立て投映。