お知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ

月別アーカイブ

検索

お知らせ

【プレスリリース】ペルセウス座流星群をみよう!!開催

|

報道関係者各位

 2016年8月9日

 

ペルセウス座流星群をみよう!!

~イベント当日取材のお願い~

 

 毎年ほぼ同じ時期に、夜空のある一点から放射状に出現する流星の一群のことを流星群といいます。夏になると見頃を迎える流星群が、ペルセウス座を「放射点」とする"ペルセウス座流星群"です。毎年ほぼ安定して多くの流星が見えることから、三大流星群の一つにも数えられています。

 

仙台市天文台(所在地:仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)では、極大日を迎える8月12日(金)に、天文台の開館時間を延長し、惑星広場にて、特別観察会「ペルセウス座流星群をみよう!!」を開催いたします。惑星広場での流星群観察会はリニューアルオープン以降、初めての開催となります。

夏休みの自由研究にもぴったりな流星観察会。何卒、取材のご協力をお願いいたします。

 

 

○開催日時        2016年8月12日(金) 19:30-22:00

○場所              仙台市天文台 惑星広場(天文台裏の芝生の広場)

○料金              無料

○備考              ※悪天候時は中止、または時間短縮あり。

                      ※実施の有無については当日お電話にてお問合せください。

 

 

<ペルセウス座流星群基本情報>

★いつ見られるの?★

ペルセウス座流星群の活動期間は、7月20日-8月20日頃です。最も多く流星が流れると予想されている極大を迎えるのは、8月12日の午後9時頃です。

 

★どれくらいの数の流星が流れるの?★

月の沈む夜半以降の街灯りの影響がない晴れ渡った空で、1時間あたり60個ほどの流星が流れると予想されています。(参考:『天文年鑑2016』誠文堂新光社)

 

★どうやって見るの?★

放射点を中心に空全体を眺めるようにして観察することがポイントです。

 

 

<撮影時の注意事項>

※できるだけ暗い状態で星空を観察いただけるよう、ライト等を使用される際は、足元に向けてご利用いただけますよう、ご協力をお願いいたします。

 

以上

 

 

<お問合せ>

仙台市天文台

〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32

TEL 022-391-1300  FAX 022-391-1301