【3月9日(水)】部分日食情報

 

2016年3月9日(水)、仙台で部分日食が見られます。

 

bubun2016.jpg↑2004年10月14日に仙台市天文台で撮影した部分日食

 

仙台では、太陽が欠け始める「食の始め」が午前10時21分。時間とともに徐々に欠けていき、午前11時13分には「食の最大」を迎え、太陽の直径に対して2割ほど欠けて見えます。12時5分には「食の終わり」を迎え、約2時間にわたって日食を観察することができます。

 

次回、仙台で部分日食が見られるのは3年後の2019年1月6日です。

 

仙台市天文台では、この天体ショーをみなさまと楽しめるよう、以下の通りイベントを開催いたします。

 

 

▼イベント情報

 

【特別観察会「部分日食をみよう!!」】 

●日時/3月9日(水) 10:00-12:30

●料金/無料

●内容/天文台を臨時開館し、入口にて部分日食の様子を観察します。

※悪天候時には加藤・小坂ホールにて晴天地域の部分日食の様子をライブ中継します。

※10:00-13:00は展示室も観覧できます(有料)。

※プラネタリウムの投映はありません。

 

★全国のインターネットライブ中継サイトリンク集は→こちら

★全国の公開天文台や科学館の2016年3月9日の部分日食の対応については→こちら

 

 

【Ustream配信】 

部分日食当日、仙台市天文台で撮影する日食の様子を、Ustreamにてライブ中継します。

★仙台市天文台Ustreamは→こちら

 

 

▼部分日食情報

【天文Q&A. 日食とは?】

★日食について詳しくは→こちら

 

 

【仙台での日食の見え方】

 

20160309sun1.jpg 

 

【観察時の注意事項】

太陽を直接目で眺めると、「日食網膜症」という目の障害が起きたり、「失明」する可能性があります。過去の日食でも、危険な観察をしたために、網膜が傷ついた等の事例が複数報告されています。太陽の光はとても強く、目に有害な光も混ざっています。また、わずかな時間であっても目を傷つけてしまう可能性があります。必ず日食グラスを使ったり、ピンホールで投影したりするなど、正しい方法で観察を行ってください。

 

★観察時の注意事項について詳しくは→こちら