【プレスリリース】小学生が星空解説員に挑戦!

報道関係各位
 
                                                                                                                        平成25年1月31日
                                ~今年も開催「天文台まつり2013」~
        宮城県内の小学生がプラネタリウムで星空解説員に挑戦します!!
 
仙台市天文台(所在地:宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)は、2013年2月2日(土)、3日(日)に、「天文台まつり」を開催します。
 2月1日は仙台市天文台の開台記念日。1955年に西公園に開台以来、市民の皆様に支えられ、おかげさまで今年58周年を迎えることができました。日頃の感謝をこめて、今年も「天文台まつり」を開催します。
 注目は、宮城県内の小学生が星空解説員を体験するプラネタリウム投映です。抽選で選ばれた総勢10名の小学生(1年生~6年生)が、原稿作成から自分たちで行い、星のこと、宇宙の事を一生懸命勉強し、発表練習を重ねてきました。そして3度のワークショップ・リハーサルを経て、いよいよ本番を迎えようとしています。
 仙台が杜の都だけでなく星の都と呼ばれるように多くの方に参加して頂き、星や宇宙をもっと身近に感じてほしい2日間。ぜひ子ども達の活躍を取材においでください。
 
                     記

1 「天文台まつり2013~今年のテーマはうつす~」
2 日時 2013年 2月2日(土)9:00-21:30
                        2月3日(日)9:00-17:00
3 場所 仙台市天文台(仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)
4 内容 色々なプラネタリウム投映、天体観望会、ものづくりワークショップ、トークショー、コンサート、ブース出展、飲食コーナー、カードゲーム、大抽選会など。
  ※「こども解説員投映発表」2日・3日/13:30-14:20
5 主催 仙台市天文台/後援 仙台市PTA協議会
 
お問合わせ
仙台市天文台 (菅野/髙橋)
TEL 022-391-1304