お知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ

月別アーカイブ

検索

お知らせ

【プレスリリース】記念講演会「これからの宇宙観測」

|

報道関係者各位
 
                                                    平成22年9月17日


 
        ~記念講演会「これからの宇宙観測」も同時開催!!~
        宇宙の日作文絵画コンテスト入賞者表彰式のご案内


 
仙台市天文台(所在地:宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)は、下記の通り「宇宙の日」記念行事として行われた全国小・中学生作文絵画コンテストの入賞者表彰式を開催いたします。

このコンテストは、文部科学省、国立天文台、宇宙航空開発機構などが主催しており、各地方の科学館が最優秀賞を選定するものです。

仙台市天文台にも今年のテーマ「宇宙を利用した未来の○○」を題材にした多くの作品が寄せられ、表彰式には仙台市内や福島市の小・中学生約20人が出席予定です。

この表彰式を記念して、国立天文台 TMTプロジェクト室研究員・秋田谷 洋(あきたやひろし)氏による講演会も同時開催致します。秋田谷氏は東北大学出身で、2018年末の稼働開始を目標に建設計画が進められている口径30mの光学赤外線・次世代超大型天体望遠鏡TMTの研究をされています。今回は特別に、小中学生でもわかりやすく「これからの宇宙観測」についてお話しいただきます。

参加自由ですので、ぜひ多くの方のお越しをお待ちしております。
 


                           記
 
         1 日時 2010年9月19日(日)13:30-表彰式、14:00-講演会
         2 場所 仙台市天文台 加藤・小坂ホール(仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32)
         3 内容 賞状・記念品贈呈など


【参考】宇宙の日とは…
1992年は、世界中が協力して宇宙や地球環境について考えようという国際宇宙年(ISY)でした。日本においても、この国際宇宙年をきっかけに末永く宇宙の普及活動を行おうと考え、一般の方々から「宇宙の日」にふさわしい日を公募しました。その結果、1992年、毛利衛宇宙飛行士がスペースシャトルで初めて宇宙へ飛び立った日、「9月12日」が選ばれました。  以後、毎年9月12日を「宇宙の日」として、様々な関連行事を行っています。
 

                         お問合わせ
                仙台市天文台 広報担当(大江/菅野)
                TEL 022-391-1300 / FAX 022-391-1301