100万人のキャドルナイトin仙台市天文台

 candle4.jpg 数年前にほんの数名による呼びかけではじまった「100万人のキャンドルナイト」。今では、その趣旨に共感した多くの人々が全国各所で参加、イベントを開催しています。

天文台でもリニューアルオープンした昨年から参加し、今回が2回目です。入り口付近をライトダウンし、ロウソクの明かりで照らすほか、「キャンドルナイトは天文台で手をつなごう」というテーマを掲げ、仙台在住のミュージシャンA2C(アツシ)さんによるミニコンサートや、皆様に描いていただいた絵の展示などをします。

“あかりを消して、スローな夜を一緒に過ごしてみませんか?”

参加方法は下記の2通りです。

(1) キャンドルで参加

前日まで:ご家庭や職場でご不要になったロウソクや燭台、点灯用具などの寄付を受付けしています。入口付近に設置した回収箱にお入れください。

当日:点灯などのお手伝いをしてくださる方は、直接会場までお越しください。当日のロウソク持参も大歓迎です。

(2) ぬりえで参加

インフォメーションで配布している専用のぬりえ用紙に絵を描いて提出してください。当日まで天文台に飾ります。用紙は下記の詳細ページからもダウンロードできます。

またこの日は「光害」をテーマに天文台台長がトワイライトサロン(17:15-17:45)でお話をする予定です。環境のこと、地球のこと、たまにはみんなで考えてみませんか?

詳細はこちら→100万人のキャンドルナイトin仙台市天文台


 【昨年のキャンドルナイトレポート】 

  8.jpg2008年12/19(金)-20(土)、天文台ではじめてのキャンドルナイトが開催されました。 

 

 

 

 

6.jpg 

 

 

 

皆様から寄付していただいたロウソクは、形のかわいい物や大きい物はそのまま利用し、小さい物や使用済みの物は一度このように溶かして、また型に入れて再生させます。

4.jpg

 

 

たくさんの人の思いが形になって、また新たな光を生み出します。

  5.jpg

 

 

 

 

 






開始時間には、たくさんのお客様がきてくださり、点灯にご参加いただきました。冬至近くのとても寒い夜でしたが、ロウソクの幻想的な灯りと皆様のあたたかい気持ちで、ほっこりとした時間を過ごすことができました。

さまざまな形でのご参加、本当にありがとうございました。