来台・施設のご案内

施設のご案内

プラネタリウムゾーン

宇宙を楽しむ、にぎわい空間

プラネタリウム

プラネタリウム映像

直径25mの水平型ドーム、座席は270席。
これまでの「光学式プラネタリウム」に「デジタル式プラネタリウム」を融合させたハイブリッドシステムで、宇宙の魅力を体感できます。

展示ゾーン

見て、触って、宇宙のスケールを体感!

展示室

展示室概観

大きな太陽系模型やCG映像などで驚きと感動にあふれた天文の世界を直感的に楽しく探求できるゾーンです。「地球」「太陽系」「大宇宙」「天文学の歴史」の4つのエリアに分かれており、展示物を活用したミニワークショップなども開催予定。

国の重要文化財

展示室では、平成24年9月に国の重要文化財の指定を受けた「仙台藩天文学器機」を常設展示しております。左(上)から、渾天儀、天球儀(大)、天球儀(小)、象限儀です。
●渾天儀…この時代に国内において観測用に使用された渾天儀のうち、ただ一つ残っているものと考えられています。本体には「安永5年」(1776年)の銘があります。
●天球儀(大)と天球儀(小)…渾天儀を使って観測された天体の位置を記録するものと考えられています。天球儀(小)には、天体の位置の記録と思われる書込みがいくつか確認できます。
●象限儀…星の高度を測る時に使用されたものです。精密に測るための副尺が備えられています。