講座・講演

仙台市天文台×東北大学大学院理学研究科公開サイエンス講座 第3回「はやぶさ2で探る 太陽系と生命誕生の秘密」

event_tohoku04.jpg

はやぶさ2のミッションについて、東北大学の先生方に詳しく解説いただきます。

 

<講演詳細>

■大谷先生講演
 はやぶさ2が目指しているC型小惑星とはどんな小惑星なのでしょう。この小惑星に存在が予想される有機物とその生命誕生との関連などについて紹介します。また、最終目的であるサンプルリターンのミッションに備えて、現在どのような準備が進んでいるのか、試料を回収するための装置、初期分析のスケジュール、分析の方法などを含めてご紹介します。

■中村先生講演
 2018年6月下旬にC型小惑星リュウグウに到着した小惑星探査機はやぶさ2は高度20㎞からリモートセンシング観測を開始しました。リュウグウはたいへん暗く、そろばんの玉のような形状をしていました。
 講演会では、観測結果を(公開できる範囲で)簡潔に紹介し、今後の小惑星における活動予定などを合わせて紹介します。

 

開催日
2019年1月20日 (日)
開催時間
14:00 - 16:00
場所 仙台市天文台 加藤・小坂ホール
料金 無料
定員 50名
申込み 事前申込不要。直接会場へお越しください。
対象 一般
講師 大谷栄治(東北大学名誉教授)、中村智樹(東北大学教授)
主催 仙台市天文台、東北大学大学院理学研究科